浮上油回収装置の価格はボール何個分?

サッカーを趣味でしていると、ボールを扱うことが多くついついボールで何でも考えてしまう事が多くなってしまいます。
妻にも怒られてしまうのですが、無意識に考えてしまうのでどうしようもありません。
つい先日も知人の会社で浮上油回収装置というものを買いかえるという話を聞いたときに、その価格をボールにすると何個分になるだろうというような事でしか考える事が出来ませんでした。
常にサッカーが頭の中にあるからなのだと思ってしまいました。

知人の会社で「浮上油回収装置」とやらを買い換えるらしい

知人の会社で「浮上油回収装置」とやらを買い換えるという話を聞きました。
かなりの金額になるので相当もめたというような事を聞きましたが、まあそれはそうだろうと思いつつ、浮上油回収装置なるものはどういうモノかという事も実はよくは分かってはいませんでした。
考えていたことはそれなりに凄いものなのだろうから、お金もかなりかかるだろうし大変な決断だったのだろうというような事ぐらいです。
おかしな感覚かもしれませんが、良く分からないので大変な事にしておこうというような感じで聞いていたのです。
そして値段を聞いたときに思わずボールがいっぱい買える値段だなというような事も感じてしまいました。
常にサッカーが頭の中にあるので、何を聞いてもサッカーに関することに置き換えてしまうという事が自動的に頭の中で切り替わってしまうという事にびっくりもした感じです。
特に浮上油回収装置なるものに興味が湧かなかったという事もあったかもしれません。

浮上油回収装置購入を検討中なら

金額をボールで換算してしまう癖が出ました

最近は何かの金額を聞くとそれをボールにすると何個分になるのかという事を考えてしまう癖がついてしまいました。
そうするのが一番金額が頭の中でピンとくる感じになるのです。
特に金額が大きなものとなるとそうしないと実感がわかないというような事があります。
例えば一千万円というと大きな金額だと思いますが、いまいち実感する金額になりません。
自分の中では一杯というような感じでとらえて終了という感じになってしまいます。
ですが、これをボール二千個分というように換算すると、それは凄くないかという実感が出来てきます。
何しろボール一個買うだけでもかなり大変な思いをして買うのに、それが五千個もとなるとこれはとんでもない額だというような認識をすることが出来るというわけです。
その方が面白いという事もあるのかもしれません。
身近でよく使うモノに換算するとイメージが湧きやすいので、こうしたことをするのですが、自分ではその方がイメージしやすいと思ってもいます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*