蹴日記

豊胸手術したら日々の動作や運動が難しくなりそう…

世間では、胸が大きい方が女性として魅力があると思われています。
客観的にみても、胸が大きく他の部分が引き締まっていると女性らしい体だなあと感心するのですが、いざ自分が手術を受けてみろと言われると躊躇してしまう点もあります。
自分の事として考えると、現実的な問題に目が向いてくるのです。
豊胸手術の良い所だけじゃなく気になる所もじっくりと考えると、後から後悔することもありません。
やはり、じっくり検討することは大事です。

胸に重りをつけるようなもの

豊胸手術は、体の中にバックを入れたり脂肪を移植したりと様々な方法があります。
それぞれにメリットがあって一番ベストな方法を選んでいると思いますが、いずれにしてもとても重そうです。
バストに異物を入れたり脂肪を入れれば、それだけ重量もあるので重りを付けるようなものだと感じます。
体に重りが付くと、動作も鈍くなりそうで気になってしまいます。
それと、女性として気になるのがブラジャーで支えることで、肩こりや頭痛が起こりやすくなることです。
ブラジャーをつければ無理やり胸のお肉を上に持ち上げるので、肩や首の筋肉が緊張しやすくなります。
筋肉が緊張しっぱなしだと、頭痛や肩こりが酷くなってだるさを感じる日々になるでしょう。
私は痛みに弱いので、想像しただけでもうんざりです。
毎日を過ごすためにはいつも軽やかでいたい方なので、綺麗なスタイルのためとはいえ豊胸でわざわざ重りを付けることはないんじゃないかとずっと考えています。

運動においては邪魔そう

運動するとき、胸が大きいととても邪魔そうです。
走ると胸が上下に揺れますが、普通の胸でも痛くなるのに、豊胸してパンパンな状態になってしまったら痛くて重いのではないでしょうか。
それでなくても、走る時には手を振るますが、振る時にお肉が邪魔になって仕方がありません。
そう想像すると、スポーツウーマンはあまり豊胸に適していないかもしれません。
またジョギングだけじゃなく、飛んだり跳ねたりといった動作を行うときもバストがとても邪魔だろうと推測されます。
飛んだりすると、脂肪が上下に激しく揺れ筋肉を傷つけてしまうこともあります。
運動しているときに、胸が痛いとうずくまってしまうとちょっと格好悪いです。
激しい運動だと豊胸手術はマイナスになりそうですが、ゆっくりとした運動を行っても邪魔にならないか気になります。
例えばヨガは、全身の柔らかな動作が必要ですが、豊胸した後だと胸が閊えてうまく動くことができないので運動した意味がなさそうです。

デジタル遺品はサッカーの写真ばかり!

何気なく雑誌を読んでいたら、デジタル遺品の話題が取り上げられていて興味を惹かれました。
一昔前にはあり得なかった話であり、特に最近でてきた概念なわけですが、様々な電子機器が身の回りにある今の時代だとこれらの扱いも考えなければいけないのだなと思いました。
そこで自分のことも振り返ってみて考えると、確かにデータは山程あって今自分が死んだとしたら、残された家族はこれらの扱いをどのようにするのか疑問に感じたのです。

データは山程ある!

デジタル遺品の記事を目にして、自分は果たしてどれだけのデータがあるのかと考えてみたところ、山程あることに気が付きました。
最初のうちは大した量もないだろうと考えていたのですが、よくよく考えてみるとかなりの量があり、価値の有る無しは別として量で言えばかなり膨大なものだったのです。
内容としては人から見れば下らないものであり、それを考えると大したことがないということもできるのですが、実際に自分が死んでデジタル遺品を整理することになった人のことを考えると、扱いに困るのは間違いないかなとは感じました。
自分が死んだ後は全部消してもらって構わないものばかりなのですが、それを伝えて置かなければ残された人からすると、どれが大切なものでどれが不要なものかわからないものです。
自分のレベルでもこれだけのものがあるわけですから、もっと重要なデータを持っている人の扱いは本当に大変だなと感じ、今の時代ならではの悩みだなと感じました。

サッカー関連のデジタル遺品ばかり

データは山程あるわけですが、よくよく何があったのか考えてみるとほとんどがサッカーの写真ばかりでした。
自分に関係するものもあれば、好きな選手の写真であったり、あるいは球技場の風景であったりと様々でしたがそのほとんどはサッカーに関連するものばかりだったのです。
それを考えた時に、これだったら残された人も扱いには困らないかなと考えるようになりました。
好きな選手の写真に関しては本人が亡くなっていれば消してしまっても困ることはありませんし、本人が写っているものであれば場所も取りませんから残しておけばいいだけです。
それほど重要なものではないので、最悪全部消してしまってもそこまで後悔するほどの物が残っているわけでもないため、自分のデジタル遺品の整理は残された人からすれば結構楽なのかなと思いました。
ただ、数は多いので一つ一つ選別をしてくのは大変かもしれませんが、残された人を過剰に悩ませることがなさそうなのは良かったです。

浮上油回収装置の価格はボール何個分?

サッカーを趣味でしていると、ボールを扱うことが多くついついボールで何でも考えてしまう事が多くなってしまいます。
妻にも怒られてしまうのですが、無意識に考えてしまうのでどうしようもありません。
つい先日も知人の会社で浮上油回収装置というものを買いかえるという話を聞いたときに、その価格をボールにすると何個分になるだろうというような事でしか考える事が出来ませんでした。
常にサッカーが頭の中にあるからなのだと思ってしまいました。

知人の会社で「浮上油回収装置」とやらを買い換えるらしい

知人の会社で「浮上油回収装置」とやらを買い換えるという話を聞きました。
かなりの金額になるので相当もめたというような事を聞きましたが、まあそれはそうだろうと思いつつ、浮上油回収装置なるものはどういうモノかという事も実はよくは分かってはいませんでした。
考えていたことはそれなりに凄いものなのだろうから、お金もかなりかかるだろうし大変な決断だったのだろうというような事ぐらいです。
おかしな感覚かもしれませんが、良く分からないので大変な事にしておこうというような感じで聞いていたのです。
そして値段を聞いたときに思わずボールがいっぱい買える値段だなというような事も感じてしまいました。
常にサッカーが頭の中にあるので、何を聞いてもサッカーに関することに置き換えてしまうという事が自動的に頭の中で切り替わってしまうという事にびっくりもした感じです。
特に浮上油回収装置なるものに興味が湧かなかったという事もあったかもしれません。

浮上油回収装置購入を検討中なら

金額をボールで換算してしまう癖が出ました

最近は何かの金額を聞くとそれをボールにすると何個分になるのかという事を考えてしまう癖がついてしまいました。
そうするのが一番金額が頭の中でピンとくる感じになるのです。
特に金額が大きなものとなるとそうしないと実感がわかないというような事があります。
例えば一千万円というと大きな金額だと思いますが、いまいち実感する金額になりません。
自分の中では一杯というような感じでとらえて終了という感じになってしまいます。
ですが、これをボール二千個分というように換算すると、それは凄くないかという実感が出来てきます。
何しろボール一個買うだけでもかなり大変な思いをして買うのに、それが五千個もとなるとこれはとんでもない額だというような認識をすることが出来るというわけです。
その方が面白いという事もあるのかもしれません。
身近でよく使うモノに換算するとイメージが湧きやすいので、こうしたことをするのですが、自分ではその方がイメージしやすいと思ってもいます。

知人の子供のベビーシッターをやることになった!

東京に住む知人が出かけてる事になり、ベビーシッターを頼まれる事になりました。
今までベビーシッターの経験はありませんが、知人の子供なので、精一杯愛情を込めてベビーシッターに取り組みたいと考えており、知人宅に行く前から色々勉強してから行くことにしました。
私自身も子供は大好きなので、子供と遊ぶことを考えると楽しみで仕方ありません。
どんな子供なのか事前に知人に聞くと色々子供の事を知ることが出来て良かったです。

サッカー好きの子供らしいから楽しみ!

知人から聞いた話では、サッカー好きの子供ということで、とても楽しみになりました。
一緒にサッカーができれば良いともっと楽しみになりました。
私自身もサッカーはとても大好きで、地元のサッカーサークルにも加入しているので、子供にも色々教えてあげたいと考えました。
子供ならまだテクニックも知らないので、テクニックを教えてあげる事でもっともっと運動を好きになってくれて、将来は選手を目指してくれるのではないかと考えたからです。
その為にも色々なルールブックなども持参して行くことにしました。
遊ぶ知識だけではなく、ルールもきちんと理解するようになれば、個人プレイ以外のチームプレーも楽しむことが出来るようになり、地元のサークルや学校のクラブ活動にも役立つのではないかと考えたからです。
ベビーシッターを頼まれた時はどうしようかと迷いましたが、結果的にはサッカーの良さを教えることが出来たので、良かったと今では感じています。

病児保育の知識は無いから、風邪は引かないでいてほしい

ベビーシッターの事は色々調べましたが、病児保育はかなり難しい分野になり、素人では病児保育をすることが難しいので、サッカーをした後に汗をかいて風邪を引かないようにしてほしいと本当に感じました。
風邪を引いてしまうと私一人では病児保育をする事ができないので、知人に連絡をしたり、病院に連れ行ったりする事も考える必要があり、もしもの事があると知人に合わす顔が無くなるからです。
私が病児保育に関する知識を身につけることが出来れば良かったのですが、そこまで短期間では知識を詰め込む事ができずに覚えることが出来ませんでした。
知人にもその旨は事前に伝えており、それでもベビーシッターとして来ても良いと行ってくれたので、安心しました。
実際にベビーシッターに行くととても元気な子供で風邪を引く様子もなく、一緒に沢山サッカーを楽しむことが出来たので、良かったです。
また知人が東京に行く際にはベビーシッターとして呼ばれたいです。

絵画教室のビラをもらいました!

休日はいつもサッカーに勤しんでいる僕ですが、最近はインドアな趣味にも興味を示し始めています。
外でたっぷりと体を動かしてリフレッシュするのも楽しいのですが、やはりプレーするのが難しい天気の悪い日には家で持て余すこともあります。
そんな日は家族には「めずらしー」とチクリとした嫌味を言われることもあります。
家では特にすることがなく、何か自宅でもできる新しい趣味を見つけようと思っていたところに、絵画教室との出会いがあったのです。

なぜかサッカー場で配られていたビラ

それは数日前、恒例となった地元のサッカーサークルでの活動へ向かうときのことでした。
見慣れたサッカー場に何か違和感があるのです。
サッカー場の入り口あたりで、僕くらいの年齢の男女が数人、ビラを配っていたんです。
新しいスポーツ用品店もしくは他のサークルの勧誘かな?と思い、何気なくそのビラを貰うと、なんと内容は絵画教室。
なぜサッカー場でこんなビラを配っているんだろうと少し驚きました。
今思えば、そのギャップが狙いだったのかもしれません。
美術に関しては中学校で学んだ程度の知識と技術しかない僕ですが、なぜかその時はとても興味を惹かれました。
美的センスにもあまり自信はありません。家族からもそのセンスの無さにあきれられています。
絵画教室に通えば、美的センスを磨くことが出来るかもしれない。自宅でもじっくりと楽しめる趣味になるかもしれない。
そう考えてビラをじっくりと見れば見るほど、どんどん興味がわいてきたのです。

東京なら通いやすいから行ってみようかな

その日はサッカーで汗を流し、早めに自宅へ帰りました。はやく絵画教室の詳細を調べたかったからです。
ビラには、教室の住所が記載されてありました。東京ということだったので自宅からも比較的通いやすい距離にあります。これなら、サッカーを続けながら絵画教室にも通えそうです。
よく調べてみると、本格的な指導はもちろん、僕のような初心者でも気軽に参加できるような内容もありました。
幅広い年齢の方が通われており、趣味の一つとして楽しんでいる方が多いようです。
少し敷居が高そうだと感じていた絵画教室ですが、そんな心配は無用なようでした。
僕もさっそく仕事帰りに絵具や絵筆を揃えてみようと思いました。
こんなにワクワクした気持ちは、サッカーを始めた時以来です。これを機に、サッカーと同じくらい夢中になれる趣味へと育てていきたいと考えています。
美的センスを磨くことで生活が豊かになるし、ものの見方が変わりそうな感じがします。これからが楽しみです。

おススメホームページ
東京・新宿駅から徒歩2分の絵画教室
講師は全員プロの本格指導!

サッカー場のみならず…家でも水漏れ発生!

昔からサッカーが大好きで、家の事そっちのけでサッカーを楽しんでいる千葉県在住の者です最近水漏れがあって修理を依頼しましたが、その原因がサッカーにあったようでびっくりしました。
人生にはいろいろな事がある物ですが、何がどうなるのかも分からないものです。
水道料金も今は馬鹿にはならない値段になっていますから、今後はいろいろと気を付けていかなければならないという事を感じました。
でも、サッカーはやめられないと思います。

水道料金が急に上がった…

最近になって水道料金が急に値上がりしたという事を、水道料金の請求を見て感じました。
そして調べてみると水漏れがありそこから水がかなり漏れていたので、これが理由だと判明しました。
何故、そんなところから水が思ったのですが、思い当たる事もありびっくりしました。
それはサッカーを自分は良くしているのですが、ボールがよくそこにあたる事で、パッキンが弛むというような事があったようです。
サッカーボールがそんなに力があるとは思っていませんでしたし、そんなところに水漏れするようなものがあるとは思っていなかったので、これには驚きました。
もし水道料金を自動で払うような事にしていれば、もっと気づくのは遅くなっていたかもしれません。
振り込みで払うようにしていて良かったと思う瞬間でもありました。
パッキンの交換ぐらいは自分でも出来るので、直ぐに対応して水漏れを修理するとそれからは漏れなくなり、料金も元通りになっていました。

サッカー場でトラブルに見舞われまくった経験が活きた!

サッカーをしているといろいろなトラブルに見舞われることがありますから、こうした経験が生きたのかもという事を感じています。
特に急に思いがけないことが起きるという事はサッカーではよくある事です。
それは試合中でもですし、試合以外の事でも様々なことがあります。
例えばボールが空気が抜けて使えなくなるというような事もあります。
普通は予備のボールを用意しておくものですが、こうした準備が必要なこともサッカーから学びました。
そして、トラブルは発生するものだという事も事前に予測して行動することも学んでいます。
例えば試合前に準備運動をするという事も自分の体にトラブルが発生することを予測して、それが出来るだけ起こりにくいようにすること言う事を考えてするようになっています。
グラウンドを整備して転んでも怪我をしにくいようにするという事もトラブルを防ぐ為といってもいいでしょう。
さまざまなトラブルに見舞われてきた結果、それらに備えることを学んだわけです。

妻をダイヤ買取店まで送迎

最近、妻が部屋の整理を始めました。どうやら新しい服や靴が欲しいようです。
色々整理しているのですが、その中でもアクセサリーの処分に困っているようです。昔購入したものなので、妻がつけるには若すぎるようなデザインでした。それもダイヤモンドなどを使用しているので、尚更捨てるにはもったいないと感じたようです。
もう付けないのなら売っちゃえと妻が言うので、私はインターネットでダイヤ買取について調べてみました。このダイヤがどう化けるのか楽しみです。

買取強化期間ということで鼻息が荒い妻

色々と見てみると、隣の市のダイヤ買取を行ってくれる店が買取強化月間ということで、高く買い取ってくれるとのことでした。これには妻も興奮していました。僕もスタジアムに居るくらい、興奮しました。何せダイヤですから結構高い金額がつくことでしょう。
早速妻をその買取店に連れて行こうと思いましたが、都合の付く日がなかなか有りませんでした。
「この日はサッカーの練習が」と言いかけると、「あなたのサッカーとお金、どっちが大切なの」と怖い顔をして聞かれました。
僕は非常に怯えた顔で「お金」と答えました。僕はサッカーが大好きですが、もちろんお金も大切です。それにしても、あの時の妻の表情はとても怖かったです。
そうしてしぶしぶ僕が車を出して妻をダイヤ買取店に連れて行くこととなりました。
でも妻が「買取金額によっては、あなたにもお金を分けてあげる」というので、僕もドキドキしていました。そうしている間に、車はダイヤ買取店に着きました。

4-4-2!3-4-3!ダイヤモンドシステムを思い出しました

買取査定を行っている間、僕の頭は休んでしまったサッカーのことばかりでした。
そういえば、ダイヤモンドといえばダイヤモンドシステムだな、とか考えていました。このような陣形を取れば何とかなるとか、あの試合はこの陣形にしてよかったとか色々考えていました。
僕の頭はこんなダイヤ買取店に行ってもサッカーのことばかりだと、自分でも思いました。
さて買取の査定結果ですが、思ったよりも高い金額を提示されました。一応相場を知りたかったので、ダイヤ買取店に行く前に事前にインターネットの相場表を検索していました。それよりも高かったのですから妻も大喜びです。もちろん僕もです。ダイヤモンドシステムにして正解だった時の試合を思い出していました。
ダイヤの買取金額が思ったよりも高かったので、僕にも少しお金を分けてくれました。
このお金を使って新しいサッカー用品を買おうか試合のチケット代にしようか考えています。
妻はこのお金で新しい服や靴などを購入したいと言っていました。

おススメホームページ
ダイヤの買取を千葉県でお探しの方は買取センターGPへ
ダイヤ、金、お酒など高価買取はお任せ

いつもは使わないサッカー場で起きたトイレの水漏れ事件

休日はサッカーに勤しんでいるのですが、いつも利用する場所というのは大体決まっているものです。
プロではありませんがホームという感じで気に入っているのですが、たまに別の場所を使うとなんだかなれない感じがして落ち着きません。
そのような状況で先日トイレの水漏れが発生するという事件が起こってしまい、やはり日頃利用しているところが一番だなと感じました。
自分のものではなくても、よく利用をする場所は愛着がわくものです。

予約したメンバーの都合でいつもとは違うサッカー場へ

普段、よく利用をしているサッカー場があるのですが、メンバーの都合で別の場所を使うことになりました。
遠征気分を味わうことができるのは良いのですが、やはり使い慣れた場所のほうが良いとも感じてしまうものです。
サッカー場というのは、サッカーという競技の性質上どこを利用しても変わるものではありませんから、プレー自体は大きく変わるものではありません。
しかし、その他の設備に関してはやはり使い慣れている方が便利なことには違いないです。
そこまで不満ということもありませんでしたから、普段利用しているサッカー場との違いを比べてみようと思っていたのですが、トラブルが起こってしまって大変な思いをしてしまうことになりました。
こんなことがあり得るのだろうかということだったのですが、なんとトイレから水が漏れていて使用できない状態になっていたのです。
まさか、このような施設で水道水漏れ事故に遭遇をするとは思わなかっただけに驚いてしまいました。

トイレの水が止まらない!やっぱりいつものサッカー場が一番

自分たちが到着した頃にはまだトイレが無事だったのですが、仲間の一人がトイレを利用した時に大変だと言って、水が止まらないと騒ぎ出したのです。
自分はトイレに行きたかったわけではありませんが、場所を確認しておこうと思っていただけに様子を見ていると確かに水が止まらない様子で少しずつ溢れた水が床に広がっていたのです。
このまま水が広がれば使い物にならない状態となっていて、トイレに行きたくなったら困ってしまいそうだなと思いました。
修理業者が来て直してくれるにしても、自分たちが帰るまでに直るかどうかは微妙なところがあり、今日は使うことができないと覚悟しなければならない状態だったのです。
普段利用しているサッカー場であれば、トイレが3箇所ぐらいありますから1箇所ぐらい駄目になっても問題ないのですが、今回のところはその1箇所しかトイレがありませんでしたので大変でした。
このようなことを考えても、やっぱり普段利用しているサッカー場が一番ですね。

サッカー場の水道トラブル

社会人になってからもサッカーを続けていて、今でも楽しんでいるのですが先日思わぬところで水道トラブルに見舞われることになりました。
いつもゲームが終わった後はシャワーをしてから帰るのですが、水道の調子が悪くてシャワーが使用中止になっていたのです。
子供の頃は泥だらけのままで家に帰ったものですが、さすがに大人になると周りの目も気になりますし単純に汗でベトベトしているのは気持ちが悪いので、外の蛇口で汗を流すことにしました。

シャワーが使用中止に!?

サッカーをしていて終わった後に浴びるシャワーというのはとても気持ちのいいものであり、これも含めてサッカーという思いがあったのですが、先日利用をしたグラウンドでは水道トラブルによってシャワーが使用中止になっていたのです。
これでは汗を流すことができないとがっかりしてしまったのと同時に、汗と汚れだらけの体のままで帰るのは少し厳しいと感じていました。
家に直行するだけであればそれでもかまわないのですが、その日は帰りに寄っていくところがありましたから、そのままというわけにも行かずどこか別のところでシャワーを借りるしかないのかなと考えていました。
すると、シャワールームを使うことはできないものの外の蛇口の水は出るということだったので、そこで汗を流すことはできるということだったのです。
そのような経験をしたのは高校生ぐらいの頃が最後だったので、懐かしい気持ちになったのですが、さすがに水が冷たいかなと少し構えていました。

外の蛇口で汗を流すのも、それはそれで悪くない

その日は結構暑い日でゲームの後ということもあって、体が温まっていましたから意外と水を浴びるのも平気でむしろ気持ちいいぐらいに感じました。
水温も冷たいというよりは少し温めでしたから、全身に浴びても風邪を引くようなものではなく汗を流すには申し分がない程度だったのです。
ホースがついていたので、全身に浴びることも特別問題はなくむしろそれを利用して、周りの仲間に水をかけたりして子供のように遊んでいたりしました。
快適性という面では温かいお湯が出てくるシャワーのほうが圧倒的に良いですし、汚れも落ちますが水で汗を洗い流すもの童心に返ることができて悪くないかなという気がしました。
外からは人目につかないような場所でしたし、周りもサッカー仲間しかいなかったからこそいい大人が蛇口から汗を流すことができたわけですが、結構いい経験をすることができました。
毎回、蛇口で汗を流すのは勘弁ですがたまにはこのような経験も良いものですね。

たまには妻に高めのプレゼントを上げなければ・・・

このブログのタイトル通り、僕は書いて起こした文字通り三度の飯よりサッカー!週休二日を蹴球に費やしてきました。
家族サービスすらしない僕を、家族は今まで白い目で見ていました。
しかし、最近そんな僕を家族は白い目ですら見なくなりました。
これは、僕の人生を掛けたサッカー愛への許しや諦めの類ではないのです。
まるで僕の挙動に一切の興味がないかのような色のない態度に、さすがの僕も危機感を感じ始めた次第であります。

最近サッカーに行くときの妻の対応が・・・

数日前の休日のことです。
その日はたまたま家族の休日が重なった上に天候も良く、行ってみれば絶好の家族サービスデーだったのです。
リビングで付けっぱなしにしていたテレビには、朝から家族連れにお勧めのスポットをはつらつとした発音でアナウンサーがリポートをしているのですが、この休日も僕はいつものようにサッカーサークルへ向かうつもりでした。
流石にこんな日にまで、サッカーを優先するなどと言いだしたものならば、妻からは白い目どころか大目玉をくらいそうでしたが、今日も終日サッカーサークルに行ってくる、と告げたときの妻の反応はかつてないほどあっさりしたものでした。
洗濯物に勤しむ妻は、こちらをちらりとも見なかったのです。
そして、いつもならぶつぶつと文句を二言三言と紡ぐ唇は、あっそう、ただ4文字を紡いだだけで、あとは一文字になってしまったのです。
僕が、妻のその態度に喜ぶどころか危機感を覚えたというのは、妻のその横顔は夫である僕に対し心底興味がなさそうだったからです。

一発逆転のプレゼントはダイヤモンドネックレス!

怒りの沸点など遥か昔に過ぎてしまい、冷静になった妻は、かつてないほど冷たく感じました。
このままでは、それほど時間を置かずに僕との関係を見直そう、と言われかねないほどのものでした。
サッカーを愛し、サッカーのために生きてきた僕も、妻の本気に危機感を抱かずにはいられませんでした。
逃げるように玄関を飛び出した僕は、サッカーサークルの友人に急用ができたと伝え、その足でそのまま助けを求めるように百貨店へ飛び込んだのです。
もはやこの日記のタイトルほど呑気な状況ではないことはお察しいただけると思いますが、ここで心底僕に愛想をつかしているだろう妻へ、一発逆転のプレゼントといえば、そう、宝石です。
宝石といえばダイヤモンドです。
宝石店の女性店員は不思議そうな顔をしていました。無理もないでしょう。
百貨店には不釣り合いのサッカーユニフォームの男が突然、ダイヤモンドネックレスをくれ、などと言い出したのですから。
サッカーの試合において、もう逆転は無理であろう残り時間から勝利をもぎ取った例などいくらでもあるのです。
このダイヤモンドネックレスは僕の命運を握っているのです。

おススメホームページ